文字サイズ選択
小
中
大

English・韓国・中文

ご予約

  • 天然温泉
  • 飛騨の味覚
  • ゆとりの客室
  • 周辺観光
  • 当ホテルだけの楽しみ
  • プランのご紹介

HOME > お知らせ

飛騨の自然誌 第五回「ハクサンイチゲ」

  • お知らせ
  • 飛騨の自然誌



情緒豊かな飛騨高山の四季は様々な伝統、文化、自然に彩られています。飛騨の自然誌ではそんな高山の魅力をご紹介いたします。
第五回のタイトルは「ハクサンイチゲ」。

2011/08/01掲載
毎月1日更新

 

5月の平湯温泉地区では、今年もキンポウゲ科イチリンソウ属の花であるニリンソウが、群生して咲いていました。ニリンソウと同じです。この季節に見られる花としてご紹介したいのは、漢字で白山一花とか白山一華と表記するハクサンイチゲです。その標準和名をみると、加賀の白山で発見されたことが花の名前の由来ということが推測できると思います。
このハクサンイチゲは、高山帯でよく群生をつくって咲きます。白く可憐な花に見えますが、白い花びらに見えるのはじつは花びらではなく、がく片です。そのような植物を身近で探してみると、アジサイが挙げられると思います。
公共交通機関で手軽に訪れることができる乗鞍畳平では、お花畑一面に咲くハクサンイチゲが見られます。見応えは十分にあると思いますので、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?


田中 由希子:てんびん座 O型、名古屋市生まれ、現在高山市在住
有限会社 地域自然研究所 研究員





連載 飛騨の自然史(ひだのしぜんし)

飛騨の自然誌バックナンバー一覧へ

高山観光情報