こねたばる

ちょっとしたスポットや裏情報などのコネタをご紹介♪

コネタ紹介!

  • スポット
  • 歴史・文化
  • まちなか

高山市街で見れる合掌造り

飛騨の里 雪の合掌造りライトアップ

飛騨の世界遺産と言えば、言わずと知れた白川郷の合掌集落。高山市街からも車で50分程度と行きやすく、古い町並み散策と合わせて回る方も多い定番スポットです。
実は高山市街にそんな飛騨地方の古民家や現在は世界遺産となった白川郷がある白川村などの合掌集落を移築し、間近で見れるようにしたスポットがあるのはご存じでしょうか。
今回は近場で合掌造りが見れる「飛騨の里」で行われる、雪の合掌造りライトアップ見学に行ってきました!

高山グリーンホテル前のバス乗り場から無料シャトルバスに乗り10分。降りた途端に目に入る、ライトに照らされた合掌家屋の背中。早く園内に入って正面からじっくり見るべく300円の入場券を買い門をくぐります。
迎えてくれたのは大きな雪だるまと暖かい甘酒の振る舞い。無料ですが地元の酒蔵の酒粕を使った本格的な甘酒で、巡る前からホッコリします^^
温かい一杯の後にはこれまたサービスで貸し出してくれている長靴を履き、雪がしみかけた靴は下駄箱に預けて心置きなく園内を回ります!

2018年2月の取材時には「舩坂酒造 深山菊」の酒粕を使った甘酒をいただきました^^

まずは凍った池を挟んでライトアップされている合掌家屋を一枚パシャリ。昔話の世界のようなノスタルジックな写真が撮れました^^
飛騨の里のライトアップは期間も長く、白川郷と比べると見学客も少ないほうなのでカメラ女子としては狙い目です!
そのまま夢中で写真を撮りながら歩いていくと、合掌家屋の目の前にたどり着きました。どうやら中まで見学出来るようです!

雪にすっぽりおおわれた合掌造りは雰囲気バツグン!インスタ映えも◎

中は移築された当時のまま、囲炉裏や農具なども残されており、飛騨地方の"伝統的な合掌集落での生活"を伺い知ることが出来ます。
解説パネルもきちんとあって、いい意味で観光地化されています。

建物の中には解説パネルや展示物なども

そのまま園内をぐるりと一周、写真も撮れたし合掌家屋の中も見れたし、最後に長靴を返して無料の甘酒をもう一杯頂きました^^
本家白川郷にも劣らない見応えのあるイベントに大興奮間違いなし!
実際に帰りのバスの中では「思ってたより良かった!」「本当だね、来て良かった」と言う会話が聞こえてきました。
市街からわずか10分の穴場イベント、オススメです^^
この時期だからこその幻想的な風景、ぜひカメラにおさめに来て下さい!

開催日程

2020年1月11日(土)~2020年2月29日(土)

ライトアップ見学
バス時刻表
行き

高山グリーンホテル出発
17:35
18:05
18:35

飛騨の里到着
17:44
18:14 (※土日祝日)
18:44

帰り

飛騨の里出発
19:00
19:40
20:10

高山グリーンホテル到着
19:09
19:49 (※土日祝日)
20:19

乗り場

ホテルエントランス

料金(往復)

大人:420円、小人:220円

2019/12/02 UP

飛騨の里

飛騨の里

アクセス 住所:岐阜県高山市上岡本町1-590
TEL : 0577-34-4711
高山グリーンホテルから車で5分
営業案内 通常営業:8:30~17:00
通常時入場料:大人¥700/小人(小・中学生)¥200
ライトアップ見学:17:30~20:30
ライトアップ入場料:大人¥300/小人(小・中学生)¥100
※年中無休

冬のイベントをチェック!

ページTOPへ